捻挫|捻挫の症状や当院における施術対応 | 高崎市のラジカル整骨院

高崎市のラジカル整骨院では交通事故によるむち打ち症、スポーツ外傷、肩こり・腰痛など体の不調を根本改善

ラジカル整骨院

〒370-3511 群馬県高崎市金古町261-1MAP

お気軽にお問い合わせ下さい027-384-3012

メールでのお問い合わせはこちらから

受付時間
  9:00~12:00
15:00~19:30
休診日
日曜日・祝祭日・
土曜日午後

捻挫

足関節捻挫(そくかんせつねんざ)

捻挫とは

足の怪我 捻挫とは言葉どおり膝や手、足などの関節を『捻り挫く(ねじりくじく) 』事により、関節にある靱帯や腱、関節包などの軟部組織を損傷してしまった事をいいます。
関節も人の身体にはたくさんありますが、その中でも捻挫の頻度の高い場所が足関節です。

足関節捻挫の原因

スポーツ現場ではバスケットボールやバレーボールのジャンプの着地時に誤って人の足の上に乗ってしまったり、サッカーやラグビーなどでグラウンドのくぼみや芝生に足を取られて捻ってしまうなど、最も多いケガの一つです。他にも日常生活上での段差のつまずきや転倒、交通事故など様々な要因で起きます。

足関節捻挫の症状

足関節靭帯足関節捻挫の大多数は足首を内側に捻って起こる内反捻挫というものです。
内側に捻ってしまうため、足首の外くるぶしにある外側靱帯(がいそくじんたい)を痛めてしまう事が多いです。
外側靱帯は前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)踵腓靱帯(しょうひじんたい)後距腓靱帯(こうきょひじんたい)の3つで構成され特に前距腓靱帯の損傷が多いです。
主な自覚症状としては痛めた靱帯の部分の腫れや痛み、圧痛です。内反捻挫の場合は外くるぶしの下側や前側に症状が出やすいです。
他にも足首を外側に捻って起こる外反捻挫で内くるぶし側の三角靱帯(さんかくじんたい)を痛めてしまうケースもあり、こちらは頻度は少ないですが痛めた際には重症化しやすい傾向があります。

捻挫の程度(重症度)分類

Ⅰ度
靱帯が伸びる
Ⅱ度
靱帯が部分的に切れる
Ⅲ度
靱帯が完全に切れる

足関節捻挫の治療

Ⅰ度のものは応急処置(RICE処置)をする事によって数日で良くなるものがほとんどです。

Ⅱ度のものは症状も比較的強く、継続的な施術が必要になります。包帯固定や、テーピング固定、場合によっては副子固定をします。Ⅱ度でも程度によりますが、症状改善まで数日から3~4週間を要します。

Ⅲ度のものは重度になり、固定もギプス固定などの強固なものが必要になります。2~3週の固定期間を要し、固定除去後も継続的な施術が必要となります。症状改善に数ヶ月を要します。
状況に応じては手術を要する場合もあり、適切な処置が必要です。

当院においての施術

当院での足関節捻挫の施術はしっかりとケガをした際の状況・状態を詳しく伺い、ケガの状態を見極めていきます。症状に応じて軽めの包帯固定からシーネ固定などを選択し、治癒促進効果のある特殊電気治療(実費)を用いて、できる限り早期に固定が外せるよう対応致します。
固定による筋力低下を最小限にとどめ、筋力トレーニングや関節可動域の回復訓練を行います。その他、固定やケガによる関節の動きの悪さ(協調性)の回復を行い日常生活で支障がないように致します。
スポーツをしている方に関しては、種目に合わせて順序立てて練習復帰できるよう指導しながら施術を終了致しますのでご安心ください。

アクセス・受付時間

ラジカル整骨院 〒370-3511 
群馬県高崎市金古町261-1
TEL & FAX 027-384-3012
駐車場完備(11台)

受付時間
午前   9:00~12:00
午後 15:00~19:30
休診日:
土曜日午後・日曜日・祝日