スポーツ外傷応急処置について|スポーツ現場で起こる怪我の対応法。 | 高崎市のラジカル整骨院

高崎市のラジカル整骨院では交通事故によるむち打ち症、スポーツ外傷、肩こり・腰痛など体の不調を根本改善

ラジカル整骨院

〒370-3511 群馬県高崎市金古町261-1MAP

お気軽にお問い合わせ下さい027-384-3012

メールでのお問い合わせはこちらから

受付時間
  9:00~12:00
15:00~19:30
休診日
日曜日・祝祭日・
土曜日午後

スポーツ外傷応急処置(RICE処置)

スポーツ外傷応急処置
(RICE処置)

スポーツ外傷って…

サッカー『スポーツ外傷』とは、スポーツ活動中に人や物への衝突や転倒などで身体に一回の急激な強い力が加わって起こる『ケガ』の事です。捻挫や打撲、肉離れ、腱断裂、骨折、脱臼などの事を言います。
繰り返すスポーツ動作で身体の特定部位が酷使されて引き起こされる『スポーツ障害』とは別のものです。こちらはテニス肘、野球肩、ジャンパー膝などの事を言います。

ケガをしてしまった時には
応急処置!

怪我応急処置とはスポーツ現場などで『ケガ』が起きてしまったときに病院などの医療機関にかかるまでの間に行うべきもので、損傷部位の障害を最小限にとどめる方法の事です。
この応急処置を怠ったり、不適切な処置を行うとスポーツ復帰までに長期を要してしまう事もあり、早期スポーツ復帰には重要な役割を担っています。

応急処置の基本
『RICE処置』

RICE応急処置の基本は、RICE処置です。

RICEとは、
est(安静)
ce(冷却)
ompression(圧迫)
levation(挙上)
の4要素の処置の頭文字を並べたものです。

Rest(安静)
痛めた患部を動かさない事

患部の腫脹(はれ)や、痛めた靭帯・筋肉等の損傷悪化、神経・血管等の損傷を防ぐ事が目的。
テーピングや副子・包帯にて患部を固定します。

Ice(冷却)
痛めた患部を冷やす事

二次性の患部周りの組織の損傷や、腫脹(はれ)を抑える事が目的。
湿布ではなく、しっかりと氷や保冷パック等を使って冷やしましょう。

Compression(圧迫)
痛めた患部を圧迫する事

患部の腫脹(はれ)や内出血を抑える事が目的。
弾性包帯等で患部及びその周辺をやさしく圧迫固定します。

Elevation(挙上)
痛めた患部を高く上げる事

腫脹(はれ)の増加を防ぎ、かつ軽減をする事が目的。
理想は心臓より高い位置まで上げましょう。

RICE処置はあくまでも応急処置になりますので、ケガをしてしまった際には、自己判断せず、しっかりと医療機関で治療を受けるようにしましょう!

アクセス・受付時間

ラジカル整骨院 〒370-3511 
群馬県高崎市金古町261-1
TEL & FAX 027-384-3012
駐車場完備(11台)

受付時間
午前   9:00~12:00
午後 15:00~19:30
休診日:
土曜日午後・日曜日・祝日