赤ちゃんの脱水症 | 高崎市のラジカル整骨院

高崎市のラジカル整骨院では交通事故によるむち打ち症、スポーツ外傷、肩こり・腰痛など体の不調を根本改善

ラジカル整骨院

〒370-3511 群馬県高崎市金古町261-1MAP

お気軽にお問い合わせ下さい027-384-3012

メールでのお問い合わせはこちらから

受付時間
  9:00~12:00
15:00~19:30
休診日
日曜日・祝祭日・
土曜日午後

BLOG

赤ちゃんの脱水症

梅雨に入り、ジメジメした蒸し暑い天気が続きますね

梅雨も明ければ暑さも更に増して、汗をかく機会が多くなりそうです。そこで気を付けたい事の一つが脱水症状です

今回は赤ちゃんの脱水症についてのお話

赤ちゃんは脱水症になりやすいの
と聞かれた場合、『はい』と答える方が多いと思います

ではなぜ赤ちゃんは脱水症になりやすいのでしょうか??

それは体の水分量に関係しています
新生児や乳児の体の水分量は体重の70~80%を占めています。成人の大人は60%です。また体液量の特徴として乳児などは細胞内液(細胞の中にある水分)と細胞外液(血液など細胞の外にある水分)の比率が違います。成人と比べ細胞外液の比率が高く、これは体の出入りの激しい水分の比率が高い事を示しています。

これは赤ちゃんが大人より体の水分量が多く必要なのに大人より失いやすい水分の比率が高いと言う事になりますね。

つまり、環境の影響を強く受けやすく、脱水症にもなりやすいという事に繋がるのです

他にもいくつか要因があり
◎赤ちゃんは汗だけでなく、呼吸や皮膚からも知らないうちに水分を失う不感蒸泄という比率が大人よりも高い
◎腎臓が十分に発達していないので水分や電解質の再吸収ができず大人より水分の排出量が多い
◎そもそも自分の意志で水分補給ができない

など様々な要因が挙げられます。

子供の一日の必要水分摂取量

赤ちゃん脱水【新生児】 体重1kg当たり 60ml~80ml
【  乳児  】 体重1kg当たり 100ml~120ml
【  幼児  】 体重1kg当たり 80ml~100ml
【  学童  】 体重1kg当たり 60ml~80ml

体重7kgの乳児であれば1日700ml~840mlの水分摂取が必要になります。

これらを一つの目安として水分を補給するように心掛けましょう

赤ちゃんの脱水症を見分ける際のポイント

  • 尿の量や回数の減少・尿が濃くなっている
  • 泣いていても涙が出ない又は涙が少ない
  • 唇や皮膚(特に腹部)がカサカサ乾燥している
  • 多量の下痢や嘔吐を繰り返す
  • 目が落ちくぼんでいる
  • 手足が冷たい
  • ぐったりとしていて元気がない
  • 熱があっても汗をかかない
  • 不機嫌であやしても泣き止まない
  • 便が硬くコロコロしている
  • 頭のへこみが普段よりくぼんでいる

これらのサインがないかよく観察しましょう。

簡易的な判断方法として、爪を白くなるまで押して話してから色が戻るまで2秒以上かかる場合は脱水症の可能性があります※3秒以上かかる場合は重度の可能性あり

脱水症がみられたら、まずはしっかり水分補給をしましょう。できれば経口補水液がのぞましいです。
水分摂取しても症状の改善がみられないようであれば早めに病院を受診して下さいね

カテゴリー

アーカイブ

アクセス・受付時間

ラジカル整骨院 〒370-3511 
群馬県高崎市金古町261-1
TEL & FAX 027-384-3012
駐車場完備(11台)

受付時間
午前   9:00~12:00
午後 15:00~19:30
休診日:
土曜日午後・日曜日・祝日