脱水症とは? | 高崎市のラジカル整骨院

高崎市のラジカル整骨院では交通事故によるむち打ち症、スポーツ外傷、肩こり・腰痛など体の不調を根本改善

ラジカル整骨院

〒370-3511 群馬県高崎市金古町261-1MAP

お気軽にお問い合わせ下さい027-384-3012

メールでのお問い合わせはこちらから

受付時間
  9:00~12:00
15:00~19:30
休診日
日曜日・祝祭日・
土曜日午後

BLOG

脱水症とは?

梅雨入りしましたが、暑い日が続きますね

暑い日にはたくさん汗をかきますので、脱水症になるリスクが高くなります

 

では脱水症とはどういったものでしょうか

 

簡単に言いますと、体内の水分(体液)が不足した状態をいいます。

また、体液にはナトリウムイオンなどの電解質が含まれており、水欠乏と同時に電解質の不足も起こるのです。

 

その事から、脱水症は低張性、高張性、等張性の三つに分類されます。

 

・低張性(ナトリウム欠乏性)脱水症 ⇒ 水分よりも電解質のほうが多く失われたもの 

 

※下痢・嘔吐などにより水分の喪失以上に電解質(ナトリウム)の喪失が著しい状態で、塩分等ミネラルを摂取せず水分ばかりを補充している場合に起こります。発熱や口渇感を伴ことは少なく、皮膚・粘膜の乾燥も少ないため、初期には自覚症状が少ないが、進行すると全身倦怠感や眠気がみられ、 手足は冷たく脈拍が弱くなります。

 

・高張性(水欠乏性)脱水症 ⇒ 水分の喪失のほうが電解質よりも多いもの

 

※水分が多く失われる水欠乏性の脱水のことで、大量の発汗、水分摂取の極端な低下などにより、専ら水分が不足した状態です。自分で水分摂取のできない乳幼児や高齢者に多いです。症状としては、発熱と著しい口渇感を伴い、口腔などの粘膜が乾燥する。意識は保たれるが不隠・興奮の状態となる。手足は冷たくならず、脈拍もしっかりと触れることができます。 

 

・等張性(混合性)脱水症 ⇒ 水分と電解質が同じ割合に失われたもの

 

※水分と電解質(ナトリウム)欠乏とがほぼ同じ割合で起こっている混合性の脱水をいう。出血、下痢、熱傷などで体液が大量かつ急激に失われる状態で起こりやすい。また、口渇感や尿量減少がある。そのため水分を摂取し、低張性脱水に変化しやすい。

 

自宅での対処法

水分と電解質が体内に素早く吸収されるようにナトリウムとブドウ糖の濃度が調節された「経口補水液」が、脱水症の対処には最適です大量の汗や嘔吐、下痢で失った水分をすみやかに補えます。身体に負担がかからないよう冷やし過ぎず(10℃位がベスト)少しずつ飲むようにしましょう

重度の脱水症の場合は速やかに医療機関を受診して点滴による水分補給等の処置を受けるようにしてくださいね

 

カテゴリー

アーカイブ

アクセス・受付時間

ラジカル整骨院 〒370-3511 
群馬県高崎市金古町261-1
TEL & FAX 027-384-3012
駐車場完備(11台)

受付時間
午前   9:00~12:00
午後 15:00~19:30
休診日:
土曜日午後・日曜日・祝日